Category Archives for 写真・美術・アート

特別展覧会 国宝@京都国立博物館

京都国立博物館
京都国立博物館で行われている「国宝」展に行ってきました。
今年は国宝が生まれて120年、
そして京都国立博物館が生まれて120年の節目の年に当たるそうです。

明治維新以降、
国内の多くの宝物が破壊や盗難に遭い、
中には海外に流出するものも多かったそうで、
「国の宝を守り伝えなければならない。」と
文化財保護の観点から「国宝」という概念が生まれたということです。
 
2017年9月現在、国宝に指定されている美術工芸品は880点あまり、
今回は4期に分けてそのうちの200点ほどが展示されます。
 
飾られているすべてが「国宝」という
このあり得ない企画展、
当然ながらものすごい観客数で、
いったいどこから集まってくるのだろう
と思うくらいに混雑しています。
 
人の流れを読み切り、
間隙を縫って鑑賞するスキルが求められる
なかなか難易度の高い展覧会ですが、
それ以上に得るものはあると感じました。
 
話は変わって
今回のトップの写真、
iPhone7で撮影し、
Photoshopのアプリで加工しました。
 
最近のスマホカメラ、
なかなか侮れません。
 
———-
特別展覧会「国宝」
■会期 2017年10月3日(火)~11月26日(日)
 約200件の国宝を大きく4期に分けて一挙公開!
 Ⅰ期 10月3日(火)~10月15日(日)
 Ⅱ期 10月17日(火)~10月29日(日)
 Ⅲ期 10月31日(火)~11月12日(日)
 Ⅳ期 11月14日(火)~11月26日(日)
 ※Ⅰ~Ⅳ期は主な展示替です。一部の作品は、上記以外に展示替を行います。 
■休館日 月曜日
 ※ただし10月9日(月・祝)は開館、10日(火)休館
■開館時間
 午前9時30分~午後6時(入館は午後5時30分まで)
 ※金・土曜日は午後8時まで夜間開館(入館は午後7時30分まで)
■会場 京都国立博物館 平成知新館【東山七条】
———- 
 
 

08. 11月 2017 by hasestudio
Categories: 美術・アート・デザイン | Leave a comment

写真集「古寺巡礼」土門拳

150331_0060

土門拳という人は本当に豪快な人で、
氏のエッセイ集を読んでも、
湯水のごとく酒を飲んだり
すぐに取っ組み合いの喧嘩を始めたりといった
エピソードには事欠きません。

その一方で
氏の残した写真はとっても繊細で
その気迫が細部に宿っているのを肌身に感じるような
独特の雰囲気を持っています。

15331_0096

いちどコマーシャルカメラマンをしていた時に
秋田県酒田市の土門拳記念館に行ったことがありますが、
そこでは代表作である「古寺巡礼」が
常設展示されていて、
往年の大作を間近に見ることができます。

150331_0097

この古寺巡礼は全5巻で完結しましたが、
取材は法隆寺に始まり、
三十三間堂の撮影をもって終了するまでに
約15年間を費やしました。

150331_0062

完全主義の土門拳らしく
印刷には絵画や天然色写真の複製などに向く高級印刷、
8色の原色版印刷を採用しましたが、
原色版印刷の職人が絶えたのを理由に、
1995年版を最後に絶版となりました。

現在は全集の編集版が残るだけですが、
当時の熱い情熱を垣間見ることができます。


土門拳 古寺巡礼
土門拳 古寺巡礼

31. 3月 2015 by hasestudio
Categories: 写真集・写真関連書籍 | Leave a comment

写真集『東京窓景』中野正貴

東京窓景_中野正貴
窓はよく、額縁に例えられますが、
中野正貴さんの東京窓景は、
ある意味そうした寓話としての窓を
非常に洗練された形で具現化した、
非常に意欲的な作品と見ることが出来ます。

150321_0067

そもそも中野正貴さんという人は
コマーシャルカメラマンとしてのキャリアを
積み上げて来られた方で、
広告写真特有の繊細さがフレームの各所に
見られるのは決して偶然ではありません。

150321_0066

そもそも屋外と屋内では
光の量がまったく違うので、
普通に撮ると
外が真っ白or中が真っ暗になってしまします。

そういった意味でも、
室内への光の入り具合であるとか、
光線状態など相当緻密に撮影されたものであると
思われます。

熟練された技術だからこそ
それが”あっさり”と見えてしましますが、
その技術を見せないあたりが
一流の広告カメラマンの成せる技ではないでしょうか。


東京窓景
『東京窓景』中野正貴

21. 3月 2015 by hasestudio
Categories: 写真集・写真関連書籍 | Leave a comment

村上春樹とノーベル賞

image-480x360_1
村上春樹さんのノーベル賞候補の話題、
もはやこの時期の風物詩となってきました。

と、同時に
あ、そろそろ読みたいな、と
毎年著作を読み返すいい機会にもなっており、
むしろこのままとれないほうが
村上作品を世の皆様に定期的に知っていただける
いい機会なのかもしれません。

そもそもノーベル文学賞も
最近は年功序列の高齢化みたいな部分もあるようで、
大江健三郎氏のように、59歳という受賞もありますが、
今回受賞されたフランス人作家の
パトリック・モディアノ氏も69歳。
かの川端康成氏も69歳でした。

村上さんの小説ももちろんいいですが、
忙しい時期、短時間で読めるエッセイ集が大好きです。

最近は意図してまったく書かれておりませんが、
久しぶりに「村上朝日堂」みたいな
軽快なエッセイを書いてくれないかと
ひそかに期待しています。

11. 10月 2014 by hasestudio
Categories: 本・小説・映画・音楽 | Leave a comment

← Older posts