写真を超越した写真 グレゴリー・コルベール



Ashes And Snow: March 5-June 6, 2005, The Nomadic Museum, Pier 54, New York City Ashes And Snow: March 5-June 6, 2005, The Nomadic Museum, Pier 54, New York City
Gregory Colbert (2005/03/31)

この商品の詳細を見る

いこういこうと思いながら、先日終わってしまった、グレゴリー・コルベール展。
この展覧会ただの展覧会ではありません。
<以下公式サイトからの引用>
2002年にヴェネツィアでデビューを飾って以来、100万人以上の人々がAshes and Snowを訪れました。これは、グレゴリー・コルベール氏が手がけた50以上の大型写真芸術作品や60分間の映画、2本の9分間の映像「俳句」のエキシビションです。
Ashes and Snowの永久に移動する拠点であるノマディック美術館は、2005年3月にニューヨークで初披露された後、2006年1月にロサンゼルスへと移動しました。ノマディック美術館のAshes and Snowは、お台場で2007年3月11日から6月24日まで開催されます。
東京での展示は、あらゆる意味において「帰郷」のようなものです。コルベール氏は、Ashes and Snowを制作するにあたり、日本人のコラボレーターたちと長期間、協力してきました。ノマディック美術館は建築家の坂茂氏が設計し、写真作品は専用の手漉きの和紙に印刷され、カメラマンの中村宏治氏が、ゾウやクジラの姿を水中から何枚も撮影しました。これには、コルベール氏自身も映っています。
Ashes and Snowは現在も進行中のプロジェクトです。過去15年間、コルベール氏は、世界中の40種以上の生物とコラボレートしてきました。
公式サイトでは氏の卓越した写真を見ることが出来ます。この空気感というか、世界観。写真には一切手を加えていないそうです。どうしたらこれほどまでの域にたっすることが出来るのか、一枚一枚に写真の持つ力、写真の意味を考えさせられます。というか、この展示をほんとうにその場で見てみたかったです。しばらく後悔しそうです(涙)。
この写真集もイタリアで製本された非常に味わい深いもので、ちょっと高価ですが、一生ものだということを考えれば安いものではないでしょうか。
グレゴリー・コルベールの写真とはそれくらいのものなのだと、ぼくは思います。

--------------------------------------------------------------------------------------
☆売れ筋・おススメ写真集  ☆写真集(洋書)  ☆もっと写真がうまくなる本  ☆デザインのススメ

人気blogランキングブログ村 アート写真に参加しています!!
応援クリックよろしくお願いします(*^-゚)♪

まだまだたくさんある世の中の元気な写真サイトは→ここからチェック!!



26. 6月 2007 by hasestudio
Categories: 写真集・写真関連書籍 |